カルト指定の創価学会対策掲示板■組織犯罪対策チーム 2147483650

自民党も毛嫌いする■世界各国からカルト指定された憲法違反の創価学会・公明党による犯行手口を明かす■組織犯罪対策掲示板

■■宗教法人法第81条により、世界各国からカルト指定されている危険な創価学会を解散させよう!■■

今現在、自民党議員・国民・海外政府に対し非常に悪質な行為を繰り返す危険な宗教法人創価学会について対策を考えよう。

※当掲示板利用者の皆様へ
最近、当掲示板におきまして、創価学会員と思われる者からのハッキング攻撃を確認しており、不正なスクリプトが混入される被害が発生しております。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------


セクト
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

1950年代
当時、「カルト」という言葉は存在しなかったが、創価学会や立正佼成会の活動に様々な行過ぎや人権侵害等の公共の福祉に反するものがあるという訴えが多くなされ、国会でも取り上げられる問題となり、衆議院の法務委員会の調査結果に基き、1956年3月6日、不当な宗教活動に対して警告を発する「不正なる宗教活動に対する決議」が満場一致でなされた。

1960年代
8月8日、アメリカでチャールズ・マンソン(Charles Milles Manson)が自身の信奉者である「マンソン・ファミリー」に殺害を指示。女優シャロン・テート(妊娠8ヶ月)の自宅に押し入り、彼女とその友人3人と、目撃された少年を殺害。翌日の夜も実業家夫婦を自宅で殺害。1971年2月、マンソンは死刑判決を受けるが、カリフォルニア州が死刑制度を廃止したため終身刑となる。

関連事件
1978年から1997年にかけて、幾つかのセクト団体による事件が起こった。中でも社会に大きな衝撃を与えたのはセクト団体会員の集団自殺であり、その中に子供も含まれていたことであった。捜査によって、集団自殺の論理がしばしば問題として取り上げられている。主な例を以下に列挙する。
フランス政府のセクト対策の対象に国際的な団体も含まれていた。 日本の創価学会やサイエントロジー、エホバの証人なども含まれていたため各国で議論が起こり、日本でも議論が起きた。

* 1978年11月18日 - 「人民寺院」による914人の集団自殺。うち子供が260人。ガイアナのジョーンストーン寺院で服毒自殺。
* 1985年9月19日 - Datu Mangayanonの信者60人がフィリピンのミンダナオで集団自殺。
* 1986年9月1日 - 和歌山市の海岸で「真理の友教会」の信者7人が集団自殺。
* 1987年8月28日 - パク神父の信者32人が韓国ソウルで集団自殺。
* 1991年 - 「幸福の科学」による講談社フライデー事件。訴訟だけではなく、講談社への執拗な抗議を起こした。
* 1992年 - 韓国のキリスト教団体「タミ宣教会」の牧師、李長林(리장숲)が「1992年10月28日にこの世は終わる」と主張し、終末の日までに全財産を捧げるように信者に要請。5千人以上の信者が教団に財産を捧げ、家出する者も出て社会問題となった。結局、何も起こらなかったことで信者らに訴えられる。集めたお金を自分の定期預金にしていた教団幹部は詐欺罪で逮捕され、有罪とされ服役した。
* 1993年 - アメリカテキサス州ウェイコ、警官隊が包囲する中でブランチ・ダヴィディアンの信徒72名が焼死。公式には放火による集団自殺となっているが、火災が警官隊の突入時に発生しており、FBIも手榴弾が使用されたことを認めている。
* 1994年10月4日 - スイスの「太陽寺院」の信徒53人(うち子供16人)が死体で発見される。自殺・他殺は不明。
* 1995年 - 「Chevaliers du Lotus d'or」の指導者Gilbert Bourdinが、元信徒から強姦容疑で事情聴取を受ける。
* 1995年3月20日 - 「オウム真理教」による地下鉄サリン事件。12人が死亡、5000人以上が怪我。
* 1995年12月23日 - フランスヴェルコールの「太陽寺院」の信者16人(うち子供3人)が焼死体で発見される。
自殺・他殺は不明。国会議員のJean- Pierre Brardは「自殺でないのは明白。これは殺人だ」と発言。
* 1997年3月24日 - カナダケベック州で「太陽寺院」の信者5人が死体で発見される。
* 2001年 6月 「摂理」の教祖、鄭明析が脱会者の刑事告訴により、詐欺容疑や強姦容疑など国際指名手配される。
* 2002年12月26日 -「 ラエリアン・ムーブメント」の影響下にある、ケベックのクローンエイド社が、人間のクローン誕生(女児でイブと命名された)に成功したと発表。その後この件に関する裏付けはなされていない。
* 2005年4月 聖神中央教会の金保牧師が少児信者への強姦容疑で逮捕される(2006年2月に懲役20年の判決)。

反セクト団体は、科学者や社会学者たちはサイエントロジー・神の子・世界基督教統一神霊協会・摂理・オウム真理教・浄土真宗親鸞会・エホバの証人・創価学会などのセクト団体の危険性を過小評価している、と主張している。

実際、セクト擁護者の幾つかの研究に対してセクト団体からの資金提供があったことが明らかになっている。このように、反セクト団体は、セクトの主張の客観性の欠如を告発したり、セクトの擁護者となっている社会学者を公表したりしている。これら反セクト運動に対抗するため、セクトの中には反対する者たちの評価を落とすための作為的な情報操作や、買収や、嫌がらせや脅迫を初めとした様々な妨害行為を行うものもあり、法的な制裁を受けたものも少なからずいる。 1990年代には、反セクト(カルト)の有力な機関だったCAN(カルト警戒ネットワーク)がセクト側との裁判での敗訴し、多額の損害賠償金による破産で、CANの商標がサイエントロジー側のものになり、まったく正反対の組織になるという事態も起きた。 この時の裁判で取り扱われた事件内容であるが概要は下記の通りである。
CANは普段から家族の依頼の元、洗脳された信者を家族に合わせる活動を行っていた。 本件に置いても、家族の依頼の元CANはサイエントロジー信者の説得を行ったのだが、信者は説得に応じず家族に会うことすら拒否した。 CANは洗脳されていると判断しやむなく信者を拉致監禁したうえで、信者を家族の下に送り届けた。 この件について拉致監禁を訴えられたのであり、裁判に負けたのも当然といえる。 しかし全財産を教団に委譲したうえ、家族に会うことすら拒む 信者や集団自殺などの事例もある以上依頼する家族の気持ち当然であり、毒を持って毒を制す団体だったといえる。
世の中には反カルトを隠れ蓑とするカルト団体等もあり多種多様である。


地震予知 原因 大震災 前兆 テラヘルツ波レーザー攻撃

1:地震要因 :

2015/12/20 (Sun) 13:20:28

海洋の地殻に高出力テラヘルツ波レーザー照射する事で地震を生じさせる珍しい地震調査があるらしい
予算取りののマッチポンプとも思われる手口だ
ただでさえ地震トリガー要因を抑えなければ地震が生じると懸念されているにも関わらず、自ら海洋の地殻に向かって高出力テラヘルツ波レーザー照射する海洋調査船「かいめい」の調査方法が問題視されている

更に「かいめい」停泊近郊ではGPSも狂い、機器も狂う程のレーザーによる電子機器被害
2:地震要因 :

2015/12/20 (Sun) 13:22:24

周辺では海洋調査船「かいめい」から放出されるテラヘルツ波レーザーやレーダーにより電子機器が破壊されるなど、金銭的被害も出ている
3:フランステロ指定総体革命創価学会対策 :

2015/12/20 (Sun) 14:15:28

海洋研究開発機構

Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology 海洋機構、JAMSTEC(ジャムステック)
国立研究開発法人
所在地
〒237-0061
神奈川県横須賀市夏島町2-15
予算 421億円(2011年度)
人数 1003人(2011年度)
理事長 平朝彦
設立年月日 2004年4月1日
前身 海洋科学技術センター
所管 文部科学省
保有施設 地球シミュレータ
保有潜水調査船 しんかい6500、かいこう、うらしま、ハイパードルフィン
保有船舶 ちきゅう、みらい、かいよう、なつしま、よこすか、かいれい、白鳳丸
ウェブサイト jamstec.go.jp
4:レーザー対策 :

2016/01/23 (Sat) 10:05:03

東部方面隊がまた何かやってんのか?
5:Eスポ :

2016/03/30 (Wed) 19:44:29

分りやすい東部方面隊だな
6:ガリレオ :

2016/03/30 (Wed) 19:47:12

情報保全隊は第三者のPCだとかスマホだとかをjavascriptで書き込み制限か?
7:チョン対策 :

2016/03/30 (Wed) 19:50:06

創価学会がガリレオ使いか?
不釣り合いだろ
8:赤幕僚長を追う :

2016/06/13 (Mon) 01:33:01

連日続いた国分寺、山川での高数値の結果、案の定熊本で地震

熊本で震度5弱=九州新幹線、運転見合わせ

 12日午後10時8分ごろ、熊本県熊本地方を震源とする地震があり、同県八代市で震度5弱の揺れを観測した。気象庁によると、震源の深さは7キロ。地震の規模(マグニチュード)は4.3と推定される。熊本県内で震度5弱を観測したのは4月19日以来。県警などによると、被害の情報は入っていない。

 気象庁の青木元・地震津波監視課長は13日未明に記者会見し、「(一連の)熊本地震の一つ」と説明。「活動は減衰したが、まだまだ続いている」と述べ、今後の地震活動に注意するよう呼び掛けた。

 この地震で、九州新幹線は熊本―鹿児島中央駅間の上下線で運転を見合わせた。上りは博多行きが新水俣駅に、下りは鹿児島中央行きが熊本駅に1編成ずつ足止めされた。安全点検に時間がかかるため、JR九州は車内に待機した2編成計約310人の乗客に飲み物や食べ物を提供した。

 原子力規制委員会によると、全国の原発で唯一稼働中の九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県)に異常はなく、運転を続けた。

 主な各地の震度は次の通り。

 震度5弱=熊本県八代市

 震度3=宇城市、人吉市、上天草市。 
9:雷予報 :

2016/06/14 (Tue) 09:03:55

深田サルベージの新海丸だとか、ジャムステックのよこすかは雷のような音をさせてるよな?
10:ジャムステック大集合 :

2016/06/15 (Wed) 11:53:24

清水に入ったジャムステックの地球Chikyuと未来Mirai
人工地震来るだろ?
その先にはよこすか停泊
11:暴走防衛省 :

2016/06/17 (Fri) 15:11:34

北海道で震度6弱 気象庁が会見 「同程度の地震の恐れある」

16日午後2時21分、北海道・内浦湾を震源とする地震が発生し、函館市川汲町(かっくみちょう)で震度6弱を観測した。気象庁によると、北海道で震度6弱以上を観測したのは2003年9月の十勝沖地震の余震以来。函館市では、記録が残る1923年以降、震度6弱を観測するのは初めて。地震の深さは11キロ、マグニチュードは5.3だった。北海道から東北地方にかけて震度5弱~1を観測したが、津波はなかった。

【中継録画】函館市で震度6弱 気象庁が会見

 地震を受けて会見した同庁地震津波監視課の青木元(げん)課長は、「揺れの強かった地域では身の周りの状況を確認していただき、身の安全を図っていただきたい。きょうと同程度の地震が発生する恐れがあり、今後の地震活動に十分注意してください」と呼び掛けた。

 気象庁によると、函館地域では1978~80年の約2年の間にマグニチュード3以上が計44回発生するなど地震が一定期間に集中的に発生したことがあり、今回も地震が続く可能性があるという。

 4月に起きた熊本地震との関連を問われると、青木課長は「まずないと思う」と回答。一方「日本全国、大きな地震が発生する恐れがある。全国どこでも注意・警戒は必要だ」と訴えた。
12:キチガイ赤創価学会レーザー兵器対策 :

2016/06/20 (Mon) 22:52:50

稚内市、国分寺、沖縄かなり高い異常値だ。
特に稚内市18MHz、今まで見たことない異常値だ。
震度7レベルの人工地震がいつ来てもおかしくない。
13: :

2016/06/20 (Mon) 22:54:14

防空用高出力レーザ兵器、指向性エネルギー兵器DEWだとか大概にしろキチガイ赤防衛省が。
14:キチガイ赤創価学会対策 :

2016/06/20 (Mon) 22:56:19

東海地震を想定した大規模地震対策特別措置法(大震法)に基づき事前に対策を強化する地域について、政府が南海トラフ巨大地震と同程度に拡大する方向で検討を始めることが、関係者への取材でわかった。

 直前の正確な予知を前提とした運用を転換し、鉄道の運行停止などを伴う事前対策の緩和も検討する見通し。政府は来月にも有識者委員会を設置し、今年度中にとりまとめる方針で、1978年の大震法施行後、初の抜本的な制度改正になりそうだ。

 大震法は神戸大の石橋克彦名誉教授が76年、駿河湾沖でマグニチュード(M)8級の東海地震が「あす起きてもおかしくない」と発表したのを機に制定された。

 だが、複数の震源域が一気にずれ動いた想定外の東日本大震災を経験し、政府は、東海地震の震源域を含む静岡から九州沖までの震源域が連動する南海トラフ巨大地震に備える方針に切り替えた。東海地震の震源域に加え、周辺の東南海、南海、九州・日向灘地域の震源域が一気にずれ動いた場合を想定し、地震の大きさや津波の高さ、被害想定の見直しを実施。別の特措法を制定し、2014年、南海トラフ巨大地震に備え、茨城から沖縄まで29都府県707市町村を、防災施設の整備などを行う防災対策推進地域に指定した。
15:東大と人工地震 :

2016/06/26 (Sun) 14:11:21

東大のジャムステックが人工地震起こしたと思ったら今度はまた東大の開洋丸の高出力レーザーを検知した。

開洋丸は東京大学海洋研究所・海洋水産資源センターが運行する水産庁の漁業調査船である。東大のスーフリ化は赤と革マル派と創価学会の影響らしい。
16:南海トラフ人工地震 :

2016/07/02 (Sat) 20:25:37

またジャムステック地球号CHIKYUが清水港にいるそうだ
レーザー攻撃か?
17:CHIKYU人工地震 :

2016/07/04 (Mon) 03:28:32

ジャムステック地球号、かいめい
稚内15.40MHz
国分寺15.0MHz
山川11.28MHz
18:爆発音 :

2016/07/14 (Thu) 20:01:42

深田サルベージの新海丸はレーザー攻撃型のメタンハイドレート海底資源探査海洋調査船か
19:人工地震来るか :

2016/07/14 (Thu) 20:44:40

南アジアで巨大地震の可能性、最大でM9.0

バングラデシュの無防備な人口密集地帯を破壊するおそれ

インド亜大陸の北東部とユーラシア大陸との衝突は現在も続いており、それによってバングラデシュを中心とする南アジアの人口密集地帯で巨大地震が起きる危険があることが、新たな研究によって明らかになった。

 研究ではバングラデシュに多数設置しているGPS追跡装置のデータを初めて活用し、時間をかけて分析を進めてきた。その結果、一帯の地震活動がどれほど活発か、またその理由についての議論が一気に前進した。

 今回の研究成果が正しいとすれば、1億4000万人以上が住むこの地域の真下に巨大活断層があることになる。地質学的に見れば、2011年に日本でマグニチュード9.0の壊滅的な地震を起こしたものと同じ種類の活断層だ。

 さらに、この活断層は動きが止まっていて、1600年代初期にムガール帝国がバングラデシュのダッカを州都とした頃から400年以上にわたって応力が蓄積していることが考えられる。

 つまり、地殻活動にともなって幅200キロ以上にわたる地域が跳ね上がる可能性があると、研究者らは科学誌『ネイチャー・ジオサイエンス』で警告している。もし断層全体が一度に崩壊すれば、最大でマグニチュード9.0の地震が発生するおそれがあるが、この地域は地震に対して無防備なため、きわめて大きな被害が生じるかもしれない。

 しかし、本当に断層が崩壊するのか、あるいはいつ崩壊するのかは、研究者たちにもわからない。「実際にこの一帯が一度の地震で滑ることになるかどうかは誰にもわかりません」と、インド国立地球物理研究所の地質学者でこの一帯の地震に詳しいビニート・ガハラット氏は言う。「データが足りないので、それを証明することも反論することもできないのです」

蓄積されるエネルギー

 インド亜大陸とユーラシア大陸との衝突は4000万年以上にわたってゆっくり起きている。衝突によって隆起したのがヒマラヤ山脈だ。この山脈は今も成長を続けている。

 山脈が浸食されると、その土砂は世界有数の大河であるガンジス川やブラマプトラ川に運ばれ、1年に10億トンというペースでベンガル湾に流れこむ。

 何百万年にわたって堆積した土砂によって、バングラデシュ沿岸の大陸棚は400キロほど広がった。1400万人以上が暮らす大都市ダッカやその近郊地域が直面している脅威を明確に示すことができない一因はこの肥沃な堆積物にある。

「厚い堆積物があらゆる場所を覆っており、そういった場所にはさまざまな地質が含まれています」と米オーバーン大学の堆積地質学者であるアシュラフ・ウッディーン氏は言う。「まだ観測もできていませんし、詳しい研究もできていません」

 米コロンビア大学の地質学者マイケル・ステックラー氏らの研究チームは2003年から2014年にかけ、26台のGPS追跡装置を使ってバングラデシュ西部地域がインド半島と比べてどれほど動いたかを綿密に観測した。

 過去にインド北東部やミャンマーで実施されたGPS調査のデータと今回のバングラデシュの観測データを組み合わせたところ、ミャンマーのシャン高原全体はインド半島に比べて毎年約46ミリのペースで南西方向に動いていることがわかった。ここから既知の断層の動きを差し引くと、現在インドプレートがユーラシアプレートの下ですべっている距離と一致。さらに、この一帯の動きの特徴から、インドプレートはミャンマー北西の山脈の下で動きを止め、引っかかった状態になっていることが示唆された。

「これは非常に危険な状態です。蓄積される弾性エネルギーが増えているからです」と、今回の論文の共同執筆者であるダッカ大学の地震学者サイード・ フマーユン・アクター氏は話す。

進まぬ地震対策

 この地域の堆積物によって、今回発見された断層に沿ったひずみのいくらかは吸収されるものの、一帯の地盤は安定しているわけではない。急速に開発が進むダッカ東部の郊外では特にそう言える。大地震が起きれば、むしろ地震波が増幅される可能性もある。

「ダッカはゼリーの上に作られているようなものです」とステックラー氏は言う。

 一方で、急成長するこの地域でずいぶん前から建築基準が無視されてきたばかりでなく、地震が起きたときにどう行動したらよいかも、人々はよく理解していない。

 この無防備さはすでに脅威と言える。2015年4月にネパールからバングラデシュ北西部にかけてマグニチュード7.8の地震が発生したとき、建物が傾いて少なくとも3人のバングラデシュ人が死亡したと報告されている。パニック発作や心停止、先を争って逃げようとしたことがその原因だった。

「政府やNGOは人々の教育を行おうとしていますが、なかなか進んでいません」とアクター氏は語った。
20:レーザー :

2016/07/14 (Thu) 20:46:43

船引き揚げに行くとかでバングラデシュに行くのか?
21:革マル派対策 :

2016/07/16 (Sat) 03:37:15

ジャムステックのかいめいが深夜に南海トラフ周辺を航海してるが、アホか? ニーステロのどさくさに紛れて大雨の中怪しい活動が目立つ
22:THAAD妨害対策 :

2016/07/21 (Thu) 13:16:10

ナショナルジオグラフィックも懸念してるが、アメリカでジャムステックのちきゅう号や、かいれい、かいめい、よこすか等を見かけたら監視してくれ
ジャムステックは大気圏、成層圏にEスポ発生させてる
23:レーザー対策 :

2016/07/22 (Fri) 08:43:39

首都圏直下M7級の前兆? 関東で連日の地震 識者「明日、来てもおかしくない」

不気味な揺れが続いている。20日、通勤ラッシュの午前7時過ぎ、茨城県南部を震源とするマグニチュード(M)5・0(推定)が発生。同県土浦市、さいたま市などで震度4、東京都、千葉県などで震度3を観測した。19日には茨城県沖、千葉県東方沖でも地震が起き、突然増えた感じがする。専門家は「関東の地下はプレートが複雑に入り込んでいるため、地震が多い」と指摘、「極端なことを言えば、明日M7級が来てもおかしくない」と警告する。
 ここ数日、関東地方で地震が相次いでいる。20日午前7時25分ごろ、茨城県南部を震源とする震度4が起き、19日午後0時57分ごろには千葉県東方沖(M5・2、震度4)、同4時28分ごろにも茨城県沖(M4・1、震度3)で発生した。茨城県に限れば17日の昼過ぎにも同県南部でM5・0、震度4を観測している。
 これだけ続くと、いつ起きてもおかしくないという「首都圏直下M7級」が近づいているのかとさえ思え不安になる。
 夕刊フジで「警戒せよ! 生死を分ける地震の基礎知識」を連載する武蔵野学院大の島村英紀特任教授は、「関東の地下はプレートが複雑に入り込んでいるため、地震が多く、『地震の巣』とたとえられる。20日の揺れはマグニチュード5だったが、たまたまその規模だっただけで、いつ“7”が起きてもおかしくない。脅かすわけではないが、明日“7”が来ても不思議ではない」と指摘する。
 猛暑の中での連発だっただけに地震と気温に何か関係があるのかとも考えたくなるが、「地震学では気温との関係は否定されている。(外気の)温度が地中の奥まで届かないためだ。ただ、関東大震災が起きたのは(1923年)9月1日。用心するに越したことはない」(島村氏)。
 心構えだけはしておこう。
24:革マル派徹底追放 :

2016/07/22 (Fri) 13:17:31

日本の防衛省は、革マル派や創価学会の赤が多い
トルコクーデターが日本で既に起こってるそうだ
「裏から入る」と自衛官らがジャムステックやイージスで回り込む手口が常套手段になってるらしい
25:北朝鮮対策 かいめいが深夜に三宅島 :

2016/07/27 (Wed) 02:27:36

ジャムステック かいめいが新島、三宅島周辺を深夜に航海している。深夜に海洋調査する理由とは? 昼間だと都合が悪いのか?
26:ちよだCHIYODAがEスポ臨界値 :

2016/07/28 (Thu) 18:00:18

横須賀から南海トラフに向かってCHIYODAちよだが出航、南海トラフ周辺でまた異常数値、7/27 11:30臨界値 15.63MHz
また人工地震が近いか?
27:革マル派創価学会調査 :

2016/07/30 (Sat) 10:40:34

南海トラフ上のCHIYODAがレーダー放射で臨界値 国分寺 16.31 MHz 山川 17.44MHz
また人工地震か近隣住民に変死来そうだ
革マル派創価学会の船員が更に増えたのか?
28:革マル派創価学会調査 :

2016/07/30 (Sat) 10:43:43

茨城北部で震度5弱 首都直下地震の予兆か 専門家が警鐘「これ以上の地震がきても…」
 関東地方が騒然としている。27日深夜、茨城県北部で震度5弱を記録する地震が発生した。関東では最近、体に感じる地震が連続している。専門家は「3・11の余震だ。今後、これ以上の地震がきてもまったくおかしくない」と警鐘を鳴らす。

 気象庁によると、地震があったのは27日午後11時47分ごろでマグニチュード(M)は5・3(推定)。震源地は茨城県北部で、震源の深さは約50キロだった。最大震度は同県日立市や常陸太田市の5弱で、東京の大手町でも震度2を記録した。

 関東地方では20日朝、茨城県南部を震源とするM5・0が発生。茨城、栃木、埼玉の3県で震度4を記録。前日19日の未明から早朝にかけても、千葉県東方沖(M5・2、震度4)、茨城県沖(M4・1、震度3)が連続発生している。

 夕刊フジで「警戒せよ! 生死を分ける地震の基礎知識」を連載する武蔵野学院大の島村英紀特任教授は「27日の地震は、太平洋プレートがフィリピン海プレートの下に入り込んで起きた東日本大震災の余震だ。この余震だけでも向こう100年は続くといわれる。また、関東の地下は他のプレートも複雑に入り込み、ただでさえ地震が多い。M7級の首都直下地震はいつ起きても不思議ではない」と話す。

 4月の熊本地震では「前震」の2日後に起きた「本震」で被害が拡大した。九州での教訓を旨に大きな揺れに備えたい。
29:革マル派創価学会調査 :

2016/07/30 (Sat) 10:48:40

「大震災」以降「さらに活発に」の不気味 「茨城でまた地震」との関係

2016年7月17~20日朝にかけ、関東地方で3回も最大震度4の地震が起きたのに続いて、7月27日夜には茨城県北部を震源とする地震が起き、茨城県で震度5弱を観測した。気象庁では、今回の地震は2011年の東日本大震災を引き起こした地震の余震だとみており、「今回程度の余震は引き続き発生するおそれがある」と警戒を呼び掛けている。

3回連続して起きた地震と今回の地震とは「直接の関係はない」というが、「元々関東地方は地震活動が比較的あるところ」で、東日本大震災以来、地震活動がさらに活発化しているとも説明。引き続いての警戒が求められそうだ。

地震は7月27日23時47分頃発生し、茨城県日立市と常陸太田市で震度5弱を観測。東北新幹線が一時運転を見合わせたが、安全が確認されたため、日付が変わった0時過ぎには運転を再開した。けが人・火災などの被害は確認されなかった。

発生直後には地震の強さにあたるマグニチュード(M)を5.3と発表していたが、5.4に修正。震源は茨城県北部で、当初は50キロと発表していた震源の深さも、後に57キロに修正された。

1週間ほど前に連続した地震では、7月17日13時24分頃、茨城県南部を震源にM5.0の地震を観測。笠間市や下妻市で震度4を観測した。丸2日後の19日12時57分頃、千葉県東方沖を震源とするM5.2の地震が発生。千葉県で震度4を記録した。それからさらに半日が経った20日7時25分頃には茨城県南部が震源のM5.0の地震が発生。茨城県水戸市などで震度4を観測した。
30:革マル派創価学会とは :

2016/07/30 (Sat) 10:53:47

やっぱり噴火してたのか

〔桜島〕約3年ぶりに火口縁上5000mに達する爆発的噴火 鹿児島市街地でも降灰のおそれ(26日1時半現在)

07月26日 01:00

鹿児島地方気象台などの観測によると、鹿児島県の桜島では、きょう26日00:02に爆発的噴火が発生し、火口縁上5000mまで噴煙が上がりました。
気象庁は、鹿児島市(桜島)で多量の降灰のほか、風下側に当たる鹿児島市街地方向でも降灰が予想されるとして、桜島に「降灰予報」を発表し、注意を呼びかけています。

桜島で火口縁上5000mに達する規模の噴火が観測されたのは、2013年8月18日16:31に発生した爆発的噴火以来、約3年ぶりとなります。この際は、鹿児島市街地にも降灰があり、鹿児島本線、日豊本線、指宿枕崎線が鹿児島県内で一時運転を見合わせるなどの影響がありました。

■降灰が予想される地域(気象庁、26日06:00まで)
多量   鹿児島県:鹿児島市(桜島)
やや多量 鹿児島県:鹿児島市(鹿児島市街地)
少量   鹿児島県:枕崎市、日置市、いちき串木野市、南さつま市、南九州市

■降灰予報:予想降灰量とその対応
・降灰量「多量」  :火山灰が巻き上げられ、視界不良となり、地面は完全に覆われる状態。この範囲内では不要な外出や車の運転は控えてください。 
・降灰量「やや多量」:火山灰が降っているのが明らかに分かり、路面表示が見えにくくなる状態。この範囲内では、傘やマスク等で防灰対策をして、車は徐行運転を心がけてください。
・降灰量「少量」  :火山灰が降っているのがようやく分かり、地面にうっすら積もる状態。
31:革マル派創価学会ウォッチ :

2016/07/30 (Sat) 11:01:38

南シナ海に行かず南海トラフ周辺に停泊してるあたり、創価学会革マル派が多い証拠じゃないか?
なんで南シナ海を守らないんだ?!
さっさと南シナ海に帰れ、ちよだ!
32:革マル派創価学会ウォッチ :

2016/07/30 (Sat) 11:07:25

中国とロシア、南シナ海で9月に合同演習へ 中国国防省
AFP=時事 7月28日 19時55分配信

中国とロシア、南シナ海で9月に合同演習へ 中国国防省
南シナ海の西沙諸島(英語名:パラセル諸島)で軍事演習を行う中国の南海艦隊(2016年5月5日)。

【AFP=時事】中国国防省の楊宇軍(Yang Yujun)報道官は28日、月次の定例会見で、同国とロシアは南シナ海(South China Sea)で9月に合同軍事演習を実施すると発表した。

 楊報道官は合同演習について、中国とロシアの包括的戦略パートナーシップを「強化および発展」させることと、「海洋の安全保障上の脅威に両国の海軍が共同で対応する能力を高める」ことが目的だと述べた。

 オランダ・ハーグ(Hague)にある常設仲裁裁判所(PCA)が南シナ海の領有権をめぐる中国の主張を退け、外交的な緊張が高まる中、南シナ海には米軍が艦船を定期的に派遣しており、合同演習が実施されれば、一つの海域に同時に世界有数の軍隊が集まることになる。【翻訳編集】 AFPBB News
33:革マル派創価学会ウォッチ :

2016/07/30 (Sat) 11:09:03

南シナ海に行かず、意図的に南海トラフに留まり続けるちよだが奇怪だ
34:革マル派創価学会ウォッチ :

2016/07/30 (Sat) 11:11:07

さっさと南シナ海を守ればいいのに、守らないちよだの存在とは?
35:北朝鮮革マル派ウォッチ :

2016/08/05 (Fri) 15:11:40

「テロの脅威は現実」警察白書、対策の必要強調

警察庁は29日、2016年版の警察白書を公表した。
 今回の特集は、国際テロ対策。20年の東京五輪・パラリンピックを見据え、「我が国に対するテロの脅威は現実のものとなっている」とテロ対策の必要性を強調した。
 国際テロを特集するのは、米同時テロ翌年の02年版以来。テロ防止のための通信傍受を認めた米英仏独の取り組みを紹介しながら、「諸外国と我が国の組織、制度を比較し、新たなテロ対策の導入について引き続き検討を進める」と調査研究を加速させる方針を示した。
 また、テロリストの情報を一国だけで把握することは困難だとして、海外の治安・情報機関との関係強化の必要性も強調した。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.